4年近くの不妊治療!2度の流産経験後に漢方服用して待望のご対面です🎊

 こんにちは(*ˊᵕˋ*)੭♪前田です。
昨日は、次男の卒業式🌸涙腺ウルウルでございました。
さて、担当していた不妊相談のお客様から、
嬉しいメッセージと写真がたくさん届きましたよ~
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
4年近くの不妊治療で、体外受精をし、流産を2回経験。助成金も限度いっぱい使っても恵まれず…
自腹でこれでもうラストっていう移植で妊娠!
喜びもありましたが、出産するまでは、不安がつきませんでした。
出産を経て、今は育児に追われていますが、ふと、本当に産まれてきてくれたんだなぁーと実感しています!
治療は長かったですが、不妊治療のクリニックの力を借り、漢方の力を借り、我が子に会えました。
トンネルは長いかもしれませんが、いま妊活中の方々にも、光が差しますよう、祈っております!
↑  ↑  ↑  ↑  ↑
流産を何度も繰り返すことは、体に大きな負担がかかります。

流産・尿漏れ・胃下垂といった「本来体の中に収めておかなくてはならないものが、外に出てしまう」という症状で、漢方では体の根本的なエネルギーである

『気』が不足しているために起こると考えます。

妊娠中も漢方を欠かさず、流産を防ぐことが出来たのが何よりもの成果だと感じております(❁´◡`❁)。

前田担当のお客様は、笑顔溢れ新米ママとしてとっても充実していますよ╰(*´︶`*)